Hybrid Cloud Extension (HCX) ラボ マニュアル

はじめに

このラボでは Hybrid Cloud Extension (HCX) について学びます。このツールは VMware Cloud on AWS にバンドルされています。VMware Cloud on AWS へのワークロードをバルク マイグレーションをサポートし、パブリック クラウドへのワークロードの移行にまつわる複雑さと移行に掛かる時間を著しく削減することができます。

Hybrid Cloud Extension (HCX) とは何か

Hybrid Cloud Extension は、オンプレミスとクラウドのリソースを抽象化し、一つの連続したハイブリッド クラウドとしてアプリケーションに提供されます。Hybrid Cloud Extension は、ハイパフォーマンスで、安全で、最適化されたマルチサイトのインターコネクトを提供します。この抽象化とインターコネクトにより、インフラストラクチャのハイブリッド性が成されます。Hybrid Cloud Extension は、安全でシームレスなアプリケーションのモビリティと、オンプレミスの vSphere プラットフォームと VMware Cloud 間の災害対策を容易にします。Hybrid Cloud Extension は、マルチ サイトのサービスであり、マルチ クラウドのサービスでもあり、真のハイブリッド クラウドを実現します。

Hybrid Cloud Extension の機能

  • Any-to-Any の可搬性
    • クラウド化の準備とアプリケーションの依存関係のアセスメントを不要にします
    • vSphere プラットフォームから最新の SDDC へ既存のワークロードを迅速に移動させます
    • コストやリソースの分析のための事前の計画時間を削減します
    • クラウドへの適用を加速し、オンプレミス環境の改修を避けることができます
  • 低い TCO でのビジネス継続性
    • IP アドレス、MAC アドレスの再設定が不要
    • 既存の仮想マシン環境の改修が不要
    • Hybrid Cloud Extension は、ウォーム バルク マイグレーションとコールド バルク マイグレーションを提供し、さらには双方向のマイグレーションも提供します
    • Hybrid Cloud Extension は運用モデルをシンプルにします
  • セキュリティを踏まえた設計
    • プライベート クラウドとパブリック クラウドの接続をよりセキュアに実現
    • 回復性のある災害対策機能によるリソースの保護
    • Hybrid Cloud Extension の Hybrid DMZ は、エンタープライズのネットワークの可搬性とクラウドへのセキュリティのプラクティスを可能にします。
    • アプリケーションと共にセキュリティ ポリシーの移行
  • ハイパフォーマンスなインフラストラクチャのハイブリッド性
    • ハイブリッドなユースケースのニーズのためのビルトインされた WAN 最適化
    • Hybrid Cloud Extension は俊敏性のあるインテリジェントなルーティングを提供
    • トラフィックがロードバランシングされたオーバーレイはポリシーが適用されます
    • 複数の仮想マシンの移行モデル (vMotion、ウォーム、コールド) は変更無しでクラウドから、そしてクラウドへの移行を容易に。

HCX - vMotion マイグレーション

1. Chrome ブラウザを起動し、 HCX-vMotion ブックマークをクリックします。

2. メイン スクリーンを最大化するために、右上の - をクリックします。ブラウザの最初のタブはオンプレミスの vCenter になります

3. 2 つ目のタブをクリックします。これは 2 つ目のデータセンター (VMware Cloud on AWS の vCenter) になります。

4. ブラウザの最初のタブをクリックし、オンプレミスの vCenter を表示します

5. Mission Critical Workload 1 という名前の仮想マシンをクリックします。

6. Console screen をクリックします。

仮想マシン Mission Critical Workload 1 のコンソール ウィンドウが開きました。2 つ目のサイトの VM に対応する IP アドレス 10.159.137.212 へ ping を打ちます

7. 2 つ目のサイトに対応するタブをクリックします

8. TargetSite-TestVM という名前の仮想マシンをクリックします

9. この仮想マシンの IP アドレスが、ソースサイトの仮想マシン Mission Critical Workload 1 が ping を行っている先の IP アドレスであることを確認します

10. Mission Critical Workload 1 タブをクリックします

- ping コマンドの後に Enter を押下します
- **Control-C** で ping を停止します
- ping 172.16.4.2 とタイプします。IP アドレスはこの仮想マシンの IP アドレスになります

11. このタブを閉じるために X をクリックします

12. 最初のタブをクリックし、オンプレミスの vCenter に戻ります

13. Actions ボタンをクリックします

14. Hybridity Actions をクリックします

15. Migrate to the Cloud をクリックします

16. (Specify Destination Container) をクリックします

17. RedwoodCluster を選択します 18. Select Destination ボタンをクリックします

19. (Select Storage) ボタンをクリックします 20. cloudStorage を選択します

21. (Select Virtual Disk Format) をクリックします 22. Same format as source を選択します

23. (Select Migration Type) をクリックします 24. vMotion を選択します 25. Next をクリックします

26. Validation is Successful メッセージを確認します 27. Finish ボタンをクリックします

28. Home ボタンをクリックします 29. 左ペインにて HCX クリックします 30. Migration タブをクリックします

31. vMotion による移行の進捗を確認します 32. Refresh タブをクリックし進捗をアップデートします

33. vMotion が完了した後、2 つ目のタブでターゲット サイトの vCenter を開きます

34. Mission Critical Workload 1 がターゲット サイトに無事移行されたことを確認できます。Mission Critical Workload 1 をクリックします

35. コンソール タブを開きます

- 前の手順で実行した ping がそのまま実行されていることを確認します。仮想マシンが vMotion による無停止での移行に成功しました。
- *Control-C* を押し ping を停止させます

36. ブラウザの X をクリックしコンソール タブを閉じます

逆方向のマイグレーション

37. ブラウザの最初のタブをクリックします

38. Migrate Virtual Machines ボタンをクリックします

39. Reverse Migration チェック ボックスをクリックします

40. Mission Critical Workload 1 のチェック ボックスをクリックします

41. (Specify Destination Container) をクリックします

42. Tier 0 Workloads を選択します

43. Select Destination ボタンをクリックします

44. (Select Storage) をクリックします

45. onpremStorage を選択します

46. (Select Virtual Disk Format) をクリックします

47. Same format as source を選択します

48. (Select Migration Type) をクリックします

49. vMotion を選択します

50. Next をクリックします

51. Validation is Successful メッセージが表示されます

52. Finish ボタンをクリックします

53. マイグレーションの進捗を確認します

54. Refresh ボタンをクリックします

55. ホーム ボタンをクリックします

56. ホストおよびクラスタ ボタンをクリックします

57. Mission Critical Workload 1 仮想マシンをクリックし、オンプレミスの vCenter へ逆方向のマイグレーションが成功していることを確認します

HCX - バルク マイグレーション

1. Chrome ブラウザで HCX-Bulk ブックマークをクリックします

2. - をクリックしてメイン スクリーンを最大化します

3. vMotion のモジュールのように、この例でもソース サイト (オンプレミス) の vCenter があります

4. ブラウザの二つ目のタブをクリックし、ターゲット サイトの vCenter を確認します

5. オンプレミスの vCenter のタブをクリックします

6. ホーム ボタンをクリックします

7. HCX をクリックします

8. Migration タブをクリックします

9. Migrate Virtual Machines button ボタンをクリックします

10. 左ペインの Tier 1 Workloads を選択します

11. 全ての仮想マシンを選択するために checkbox をクリックします

12. (Specify Destination Container) をクリックします

13. 行き先のコンテナとして RedwoodCluster を選択します

14. Select Destination ボタンをクリックします

15. (Select Storage) をクリックします

16. cloudStorage を選択します

17. (Select Virtual Disk Format) をクリックします

18. Same format as source を選択します

19. (Select Migration Type) をクリックします

20. Bulk Migration を選択します

21. ワークロードのオプションを確認するために HelpDesk Workload 1 をクリックします

22. ワークロードのオプションを確認するために HelpDesk Workload 2 をクリックします

23. 全てのオプションを確認するために sidebar をクリックします

24. Next ボタンをクリックします

25. Validation is Successful メッセージが表示されるのを待機します

26. Finish ボタンをクリックします

27. マイグレーションの進捗を確認します

28. Refresh ボタンをクリックします

29. マイグレーションが完了したら、ホストおよびクラスタ ボタンをクリックします

30. クラウド側の vCenter を確認するために、2つ目のタブをクリックします

31. 両方のワークロードがターゲットの vCenter への移行が成功したことを確認します